抗真菌薬「ルリコン」は刺激がある?

ルリコンは ルリコナゾールともいわれる外用薬で、医療機関で処方してもらえます。
イミダゾール系抗真菌薬で、水虫は癜風、ガンジダの治療に用いられています。
特に白癬菌には高い効果を発揮するという事もあり、ルリコンは水虫治療に多く使われているのが特徴です。

水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で発症する、皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚に含まれるケラチンというタンパク質をエサとするので、頭や顔、手にも感染します。
ですが、白癬菌が皮膚に付着しやすいという事もあり、水虫の約7割は足の裏や指の間にできると言われています。

ルリコンは白癬菌の細胞膜に作用し、白癬菌の発育を阻止する事によって除菌効果を得られる薬です。
角質層に長く有効成分がキープできる為、1日1回ルリコンの外用薬を塗る事によって水虫の治療が行えます。

クリームタイプの他に軟膏や、液状タイプがあり症状や患部によって、テクスチャーを選べますが多くの場合、使いやすいクリームタイプで治療を行うケースとなるようです。

液状タイプは角質層への浸透性は高いものの、刺激が強いと言われています。
ですので、肌が弱いという方は液状タイプよりも、クリームタイプや軟膏タイプのルリコン抗真菌薬が無難かもしれません。
副作用としてもヒリヒリとするなどの刺激感が挙げられます。
ヒリヒリしたりしみる、塗った部分に熱感といった刺激を感じた場合は、1度使用を中止して医師に相談してみましょう。

副作用も報告されている抗真菌薬ではありますが、基本肌への負担は少ないとされています。
ですので、使いやすい抗真菌薬と言えるでしょう。

水虫は放置してしまうと完治までに時間がかかります。
早めに抗真菌薬で治療を始める事が大切です。